新しい塗料はどんな感じ?

2018/05/03
新しい塗料 オリオ2

 当工房ではこれまで基本的にオイル塗装をしていました。しっとりとして木の良さを生かした仕上がりになり、無垢材の家具には一番相性が良いと思っています。ただ、輪染みの発生など使用上気を付けなければいけないところもあります。

 最近お客様からメンテナンスが楽なウレタン塗料のご要望も多く、対策を考えていました。そこで、候補に挙がったのが、今回テストをした「オリオ2」です。

 このオリオ2はオイルとウレタンの中間的な塗料です。2つの塗料と希釈剤を混ぜて使用します。「植物性オイル仕上げの風合いはそのままにウレタン塗装の耐久性を併せ持った」塗料ということで輪染みもつかないことを期待しています。

 塗料の混ぜ合わせはしっかり計量して比率を合わせて作ります。刷毛で塗りますが、シャバシャバしていて塗りやすく、広い部分でもスピーディーに塗れそうです。間隔を1日開けて2度塗りをしましたが、オイル仕上げと同じような塗れ色の仕上がりになりました。

 

塗料 オリオ2

 乾燥した後の手触りはつるつるした感じです。オイル塗装はもう少ししっとりした感じがします。後日、テーブルの天板に塗りましたが、その時はオイル塗装に近い感じになりました。塗料の量や塗った後、拭き取るまでの時間などによって仕上がりの風合いが変わってくるのかもしれません。オイル塗装でも塗りすぎるとベタベタした感じになり、それがずっと続きます。

 さて、テストの続きですが、塗料が乾燥した板に水を垂らしてみました。すぐに拭きとればオイル塗装同様に染みはできません。次に、垂らした水が乾燥するまで放置してみました。残念ながら薄くしみは残りました。触って見ると若干盛り上がってもいます。ただ、オイル塗装に比べれば、目立ちません。光が反射するような位置で見なければ、分からない程度でした。

塗料 オリオ2

 修復するには1500番ぐらいの細かいサンドペーパーで軽くこすれば染みはなくなります。ただ、塗装を削っているので、あまり頻繁にやると剥げてしまいます。

 オリオ2、水などの染みが全くつかないということはありませんでしたが、できてもずいぶん目立たないという感じでした。普段使っていれば、何度もテーブルを拭くでしょうから、そのうちにほどんど分からないぐらいになるような気もします。